スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奥多摩 竜喰谷にいってきた
最近モチベーションがいまいち上がらなくて渓流釣りばっかりやってました。
幼稚園に釣りを始め、高校生まで趣味は釣りだったものの、
登山にハマり、最近ご無沙汰でしたがちょっと再開したら面白いのなんの。

水面まで魚が出てくる時なんてアドレナリンでるわ、アワセくれるときなんて意識が魚の事しか無くなる。
間違いなく愛している。

とまぁ、久々に釣りスイッチがONになってんので、沢登り装備を持って、
釣りしようと奥多摩フラフラしてて、この沢いいんじゃない?と思って入ったのが
今回の竜喰谷だったわけです。

今回はきえたんといっしょ。

全く登攀具持ってきてないけどまぁ。いけるっしょということで入渓。

入渓は土曜日の13時で下山が日曜日の17時と大夫ゆっくり釣り上がりました。

newK_R.jpg
入渓地点

kappaいる?_R
カッパが居そうな深い淵のトラバース。ビビってます

たきび_R

てんとさいと_R



初日は魚に嫌われ、あたりはあるも乗らず。
適当に1/4ほど遡行し、ウワバミソウを採って、焚き火して早めの行動停止。

翌日も7時ごろにそろそろ行くかと起きたところ別PTに抜かれる。
魚が荒れていると考え、ゆっくりスタートに。

適当に竿を振れる所で20cmの小アマゴが2匹釣れるもその後、上手くアワセられず乗らない。

あまごん_R
かわゆす~

ふぃっしゃー_R

釣り人_R


適当に全瀑をフリーソロで直登して、毛鉤を変えようと思ったら毛バリケースを置き忘れていることに気づき
落ち込む。

なかなかそそる滝_R
けっこうそそる滝

結構悪い滝もあった。

確保は細引き_R
きえたんも大変頑張りました。


竿についてる唯一の毛鉤もロストし、更に落ち込む。

そろそろ遡行終了というところで人影に驚いたアマゴが岩陰に隠れたので岩穴に手を突っ込んだら
いました☆

手づかみGET_R
手づかみで最大サイズ25cmのアマゴゲット。ヒレもピンピン綺麗な魚体。

ちんたら林道を下って終了。
お魚は美味しくいただきました。

滝も多いし、大きく登りごたえ楽しかった。
河床は一枚岩が多く、歩きやすくて楽しかったです。
スポンサーサイト
Copyright © 艱難辛苦を与えよ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。