スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北海道 天狗山 南東壁初登
2017年2月19日に北海道小平にある天狗山南東壁を登ってきました
おそらく初登です。

0_201704010828048a2.jpg
シャークフィン状のこんなかっちょいい山なんや


壁は100m以上ブッ立ち、リングボルトなどでのエイドでは登れない
もちろん登攀記録も見つかりません。
オンサイトのワンプッシュとはいきませんでしたが満足できる登攀でした。

発見の経緯は、パートナーのコバチョフがネットで発見
GTが偵察に行き、登れると判断しコバチョフ、レオナルド、GTの三人でファーストトライ。

●ファーストトライ
ファーストトライの時が初めて岸壁の基部まで近づいた。
歩いて近づいている最中から、思ったよりぶったち&脆そう。
かなりのプレッシャーある。

1 (2)
おっきい壁しゅごいのぉ

壁の基部を行ったり来たりしてラインが見いだせるところを発見。
1P目は短めで草付きある凹角
2P目が弱点らしい弱点ではないスラブ。おそらく核心になるだろう
3P目は木登りでおそらく2P目を登った者に与えられる花道か

怖くて。帰って酒盛りしたかったが、コバチョフの提案でとりあえず取り付いてみることに。
2P目やばそうだけど、「取り付きさえすれば俺は登れる」となんの根拠もない確信があった。
2P目へ焦点を合わせる。
しかしここで、集中しすぎて「ヘッデンもっていかなきゃねー」と言っていたにも関わらず忘れる。油断。

1P目 コバチョフリード
正直いけるっしょと思っていたが、コバチョフが悩んでいる。
最後気合でTO
はて、見た目そんなに難しくなさそうだけど?と思って取り付くと抜け口が悪い、悪い。
スラブに雪が乗っているだけで、小さめのお饅頭くらいの草付き(?)が凹角に少しあるだけ。
しかも、足はいまいち。こりゃわりーわ。

DSC_1721_R.jpg
リードコバチョフ

3_20170401082808f6f.jpg
結構たってるんだこれ

2P目 GT
間近でみるとさらにやべー
岩って大抵近づくとプレッシャー落ちるものだけど、ここに関しては逆。
でも、登れるって核心は揺らがない。
ヘタレな自分もたまには信じてみますかねとトライ開始。

トラバース終わって木の根っこと、半分かれてるハリギリにクリップして
ランナウトゾーンに突入。

うげぇ、脆い。
しかも、フッキングと生の草付きで体を上げていく。
途中テスティングで岩がボロボロ崩れ落ちていく。
上のスラブも雪の下のベルグラを期待するも全くない。しかも、草付きも痩せている。

何とか10mほど登り、土くれにイボイノシシとタイオフ決めて、メンタルプロテクションもばっちりだぜ!
そこから終了点までバーティカル~ハング藪漕ぎで落ちそうになりながら、ランナウトして終了点へ。

最後の藪漕ぎ握力なくなって脇で木をホールディングしてました。
プロテクション取りたかったけど、弱いのでとれませーん


4_20170401082815caf.jpg
絶賛ランナウト中。よく誤解されるけど俺怖がりでランナウトとか本当に嫌いだから。


・3P目 レオナルド
最初から小ハングがあるが、最も木も多く、プロテクションは堅固だろう
ひとり1ピッチとレオナルドに譲る。
花道だぜガンバ!とコバチョフと見送る。
この時でぼちぼち日暮れかなーと行ったところでヘッデンないのに気づく。
ま、いけるっしょ。

それにしても、ここ落石多いな。と上を見上げると拳大の石が降ってくるではありませんか。
あ、目の前に落ちるな~と思った瞬間上の枝にあたり角度が変更、僕に熱烈キッスをくれました。
はい、歯が折れた。血が出るもとりえず継続。初登かかってるし

5_20170401082816949.jpg
おれちゃった☆

~~

暗くなってきておりヘッデンなしでは登るのは難しい状況。
忘れたのが悔やまれる。
唯一のコバチョフヘッデンも藪に引っかかってとりつきまで落っこちていった。

もう、見えている乗越で終わりだろ、行こうぜともなったが
冷静に考えてどう思う?とコバチョフの一言で冷静に考えたら降りたほうがいいとなり敗退決定。


正直舐めてた、甘かった精進不足。
1撃できなかったのは完全に慢心から。
いくつもの油断の積み重ねので完登を逃した。
天狗岳で伸びた鼻をポッキリ折られたわけだ。



●セカンドトライ
コバチョフGTでリベンジ

今回はコバチョフが核心を行くとのことで大分気が楽だ。
2回目のトライっていうのも関係あるだろう。

ここに戻ってくるまで前回の敗退がずっと引っかかっていた。
今日は登る。

1P目 GT
前回登ってるし余裕。
しかも、時期が遅くなったので若干ベルグラも発達しておりマントルも安心。

2P目 コバチョフ
前回コバチョフもセカンドで登ってるとはいえ、リードとは別物。
今回は天気もうす曇りで気温も低く、草付きは半生タイプ。

16641075_1405290579544744_5551525094820476333_n.jpg
気持ちで登るコバチョフ

何度もランナウト中に足が外れ、足ブラになるも気合で完登。
お見事。魂のこもった良い登りです。
やっぱり、コバチョフも登りたいんだね。

こんなの見せられたらやるしかねぇじゃん

3P目 GT
ハングを超えて、ベルグラの張ったオフィズスをこなし、木登りからよっしゃ!
デリケートなところは少し出てくるも、プロテクションも豊富。
45mほどロープを伸ばし、上部雪田や!!丈夫な木まではロープギリギリだなぁと思ったら衝撃。

ん?前が見えない。息もできない。体が重い。
顔を出した瞬間でかいチリ雪崩が直撃。
この山どんだけ俺のこと倒したいんだよ。

負けないのだ。ふかふかの雪を掘ってマントル返して15mほどロープギリギリ伸ばして完登
あとは歩きだ。

やった!

6_20170401082818a75.jpg
コバチョフあがってきた

7_20170401082822013.jpg
最後ナイフリッジ状の稜線をすこし歩いて頂上へ

下降は勘で適当なところから懸垂でぴったんこ。


~~~~

初登の対象を見つけるという一番の核心をやってはいませんが片手落ちだけど頑張った。

グレードより見た目のプレッシャーと壁の脆さに気を使いました。
えがった。
2回トライしたおかげ(?)でオールピッチリードできて大満足。
歯も折ったけど、もうまた登り行きたいわ。病気かな?

一度しかない初登でみっともない一撃逃してすいませんでした。


topo.jpg

鼻折天狗
1p:4級- 15-20m
2p:M5-R 30m 
3p:4級+ 60m
スポンサーサイト
黒岳パラグー

12月に入り渡り鳥ばりにスーパーアルパインクライマーとスーパーアルパインスキーヤーが来訪。

スーパーアルパインクライマーは2月までいるとのことで

我が家に逗留ちう

12月の最初の週は土曜日はたけちんと旭岳スキー

弱層テストしてからサイドカントリー落としました。

日曜日はアルパインクライマー柳パイセンがクライミングしたいとのことで黒岳スキーしてからのパラグーフォール

黒岳は強風でロープウェイ止まりそうとのこと、途中で引き返したら一時間ほどまたされる。

雪は風でパウダーなし!

下に降りて、パラグー

俺も初層雲峡アイスなのでパイセンとリードじゃんけん

三度のあいこの末、勝っちゃった。。。

暖気が入り、日も当たってビシャビシャ。

しかも、概ね結合がゆるい

スクリューも抜けなさそうなのは、要所要所の3本くらい?

何で、勝っちゃったんだー!

とか、ぶつくさ言いながらトップアウト

やはり、アイスは怖い。

スーパーズが登って終了

今週末は上ホロかな?

上ホロはゲレンデ?アルパイン?

2016年11月22日~23日

北海道は冬です。
冬は12月からとか言ってるのはどこのどいつだ
というくらい冬です。

ということで冬壁上ってきました。
パートナーは道北クライマーズのM氏

上ホロアプローチ30分くらいでテン場
近すぎィ!

15181478_1279661458774324_6110464368493597303_n.jpg

テン場からの風景

初日は上ホロカメトック化け物岩の左ルート
と思ったけど、テキトーに登る。
1ピッチ目GTリード。
なんてこと無いけど、シーズン初めの壁勘戻すのにはちょうどいい。
意外とプロテクション取れるクラック見つける勘は鈍っていない。
さっくり、TO


15203161_1279661538774316_8722672732724163279_n.jpg



2ピッチ目は既存ルートと思われるところの
ちょっと左の凹角から高度感のある乗越してのトラバースルート。
だって、ソッチのほうがラインキレイでそそる。
Mさんリード。


15203225_1279661348774335_7905930084052545878_n.jpg


やっぱり格好いいラインは悪いよね。
ぴりっと程度でTO

初日は夏道下降。


15095540_1279660762107727_7654615201480904748_n.jpg


そして、酒盛り
降りたら快晴に。歓迎受けてる?



はい、そんなことないです。
2日目は正面壁の予定が風も強風で気温も-20度行ってんじゃないかって寒さ
で、風で飛ばされた雪が、ウインドスラブ形成しており、
歩くとトレースがブロック状に切れる。
北岳行ったときの稜線の風より少し弱い風が常に吹いてる感じ。
久々にハードシェル着たぜ

これは死ぬ。


ということで、化物へ
右ルート(チムニールート?)かもしれない1Pめ
Mさんリード。

15219584_1280994338641036_8571426426250588191_n.jpg


フォローするもプロテクションは安心だけど高度感のある
マントルなどがあり、楽しい。

2P目はGTリード。
最初の10m程は右ルートの2pをたどるが
左の方にベルグラが見えたのでそっちのダイレクトラインに乗り換える。
プロテクションもいまいちでランナウトしてTO

風でロープが真横に飛んでく。
しかも糞寒い、手も足も指が千切れそう。

これはビバ上ホロって奴だ!!

モンベルのハードシェルのフードに救われたと言っても過言ではない


下山して温泉施設の外で-15度。
これは山さみぃわ。
北海道で残業は死ぬかも。

GT

北岳バットレス 四尾根 冬季 ソロ


1月9日から1月11日にて北岳バットレス四尾根に行ってきました。

ソロですが、パートナーがいない訳じゃ無いんだからねッ!!

きっかけは、ちっぺりっきーの撮ってきた北岳バットレスの写真。

年末年始体調をくずし山に行けないときに見てしまってからずっとムラムラ。

金曜日夜入りで奈良田まで。

初日は12時間行動にて、開運隧道~池山吊尾根経由で
ボーコン頭と八本歯コルの間の岩影ビバーク。

雪も全然ないし、気温も高い。本当にこれ冬かよ?


イメージ 1



二日目はアタック日

時折吹き付ける強風のためと言い訳するも、風も弱まり6時に出発。

八本歯コルから快調に下り過ぎて、迷い登り返し下部岸壁09時45分着。

イメージ 2

この時点で、年末年始寝込んでいたツケかヘロヘロ。
行けるところまで行こうと取り付く。

せっかく取り付くのに、敗退前提で取り付く訳ないよね。

でも時間がない。

フリーソロでいっか。

下部を十字クラック左の凹角を繋いで登る。

1ピッチ目はバイル受け付けず、グローブでフリー。

2ピッチ目は泥草付きでミックスフリー。一ヶ所途中で残置クリップしてレスト&ルーファイして下部終了。

地味に悪い。ザックとギアの重さが効いてる?

四尾根取付に12時30分着

四尾根は技術的な問題ないと踏んでいたので、軽量化のため、ロープはダブルの60m一本しか持ってきていない。

下降決めるなら今。情けないことに息も切れ切れだけど、今降りたら後悔するよな。

最近、山でちょっと厳しかったり、辛かったり、
疲れたり、暗くなっただけで下山の衝動が強くなる。

そして、いつも安全圏に戻ってきて自己嫌悪。

俺のやりたい山や、俺の成りたいのはそうじゃねぇだろ

時間の兼ね合いもあるので、フリーソロで駆け上がる。

2P 目終了点で13時

いいペース。コントロールはできている(つもり)

日も当たるし、動き続けているので暑い。



イメージ 3
イメージ 5

マッチ箱懸垂終了で15時

明るいうちに頂上踏めるかな?



イメージ 4

枯れ木テラスから左にトラバース
足元が長いスラブで、滑ったら止まらない怖かった。

チムニーへ。

ココが悪くて、セルフスリングで一部確保しながら登攀

16時半頃に雪田へ

へろへろココに極まれり、山頂まで全力で歩いて17時半に頂上着



イメージ 6

こっから下山。

ふらふらしてたのは風が故だけではない。



20時前にビバークポイントに戻ってきて、水だけ飲んで
倒れるように就寝。


三日目は前日の疲れをたっぷり寝て回復し08時30分に出発し、
開運隧道に13時30分到着。久々の山で疲労困憊。

下山完了。

雪も少なく、トレースもバッチリ、冬季登攀と言えるのか?

これがラッセル祭りであったら不可能だった。

実力とは言えないけど壁に取り付いてからは悪くなかった・・・かな



普段フリーでフリーソロとかやってたお陰か気負わず、ストレスなくフリーソロを使えたのは良かった。
フリーソロは目的ではなく、手段のほうがしっくり来る。



イメージ 7


なにより冬に北岳バットレスしかもソロって分かってても山に行かせてくれた、

嫁と息子さんきゅー!

荒船山 攀船記
オンサイト狙いの方、
冒険的なクライミングがお望みの方は見ないでください



錫杖でじーやを満喫した後、大雪のため、中央道での帰宅が不可能であることを知る、タフガイとゲンキ。
果たして二人の運命は!


GT:さて、中央道経由じゃ帰れねーし、群馬回りやな。

タ:じゃぁ、パイセン(先輩の意:タフガイ語)。攀船記行ってみますか。

GT:おっけー☆うふふ、たのしみー。

安曇野インターでタップリ仮眠をとり、下仁田駅前旨カツ丼や「きよしや」で栄養補給し、荒船山 艫岩偵察へ。



道からタフガイ一眼を用いながら偵察。




ゲ:アルェー?氷無い用に見えるよー?
タ:こっからじゃ見えないだけっすよ!
ゲ:いや、氷の基部は見えるんだからないでしょ。
タ:とりあえず明日基部で確認しましょう
ゲ:おっけー☆


タ&ゲ:それにしてもブッ立ってる。やべぇ明日死ぬかも。ボルトなのに死ぬかも。



道の駅で二人でビビりながら濡れたギアを干しながら、昼寝。
温泉でも二人とも緊張からか言葉が少ない。話しても「やべぇ」とか「明日大丈夫かよ」とか。
風呂から上がって軽く打ち合わせをし、就寝。


翌朝、艫岩まで行く途中もいつもおしゃべりクソやろうのタフガイも大人しい。


基部に着きました、見上げました、絶望しました。やはり、氷がない。傾斜強い。





昇天の氷柱に転進も考えたけど、タフガイの「パイセン、行きましょう」(栗城隊長ベース無線風)でとりあえず行けるとこまで行ってみることに。


基本交互で4、5ピッチの核心部はタフガイ先生が担当。


グレードは主観でーす。


1ピッチ目は私。Ⅳ+、Ⅴ-?25m
ほぼバーティカル草付き。
これが日本のクライミングだ!
って、うるせえ!



これ、強度出てんのかクソっ!って草付きに乗ったり、バイル決めて登ります。
まるで、草付きバビロン空中庭園やー!




猛烈な指の冷えから来る痛みに耐え、何とかトップアウトあと10m核心あったら落ちてたわ。


タフを具現化したかのようなタフガイ先生も指もげるかとおもったとか。


2ピッチ目 Ⅲ級 40mトラバース
タフガイ先生リード、一段上がってみたらまさかのスラブクライムダウン。ミスったらどこまで墜ちるのやら。フォローなのにクソ怖い。







3ピッチ目M6- 20mほぼトラバース
タフガイ先生に5ピッチ目のM6+をやっていただくため、このピッチは譲って頂きました。

てか、最初からクッソ怖い。
なにこれー



手じゃ保持できないような凹凸にフッキングが90パーセント以上。
しかも、クリップや、シェイクの際は片手になるとかナニコレ…
しかも、そんなのに上グリップ握って引きつけて次にフッキングとか。


おえー!!ちょーたのしい!!


そんなこんなで足が抜けたりバイル抜けたりあったけど、ラストのピンもクリップして、あとは3m上の草付きに打ち込むだけ!



まぁ、ここが核心でした。
外傾にフッキングして鬼引きつけして、フッキング、フッキングで上の草付きズドン!フッキングと草付きで足を上げたところ。。

次の瞬間両方のバイルが抜けました。

ヤベッ!テンションッッ!
と、叫ぶ!!
すると、なんかあんの?って岩角に奇跡的に左のバイルが残る。(あれ?さっき探った時何もなかったのに)

レストポイントまでクライムダウンしレスト落ち着いて草付きに強く打ち込みトップアウト。

かなりギリギリだけどOSできちゃった☆



4ピッチ目 
 

ねえ、ベルグラはー?

近場で見ても氷柱なんてない。基部を残してスッパリ切れている。
プロテクション、終了点強度不安、これが我々の実力だ。ということで敗退を決める。



60m一発で基部に戻り撤退。
帰路に就きました。







こりゃ、時みてリベンジやな。





なんだかんだ言ったけど、見た目、内容共に素晴らしいルート。ほぼボルトルートということで、比較的取り付きやすい?
全くリピートされた形跡無かったけど、もっと登られても良いかもしれない。
今回フォールは無かったので、ボルトの強度は不明ですが見た目は大丈夫そうでした。
ハーケン、ナチュプロは一切効かないと思われます



草付き多用するので興味ある人は、草付き絶滅する前に早めのトライがオススメ。


余裕タップリに書いてるけど、実際は吐き気するレベルでビビってたけどね。
Copyright © 艱難辛苦を与えよ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。