スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小川山 3rd
小川山でのクライミング二日目です.(今回のシルバーウイークの3日目)


来てしまった最終日

昨日の教訓を活かして朝6時ご飯で
食べ終わり次第出発です
山と一緒で早出早登ですな


私も真面目に小川山でクライミングは今回が2回目なので
場所はどこがいいかなーと考えたところ

「そういえば川上小唄(5.8)っていうのがあったな!」
マラ岩の川上小唄は某キムタクがお正月特番で登ったり
この間尾川智子さんがNHKの番組で小学生と登ってたルートです.

ここならみんな楽しめるし,景色もいいし初心者にはいいだろうと
他のパーティが朝飯を取っているあいだにマラ岩に向かいます

しかし!
歩いても歩いてもつかない
アプローチが核心の小川山の魔術にはまります

暗い林内や踏み跡のない場所をさまよい,一度道のわかるところまで戻って
もう一度トポをよーく見ながらあるいてなんとかマラ岩に着きました.

しかし,今度はトポと岩の形状が全く合いません
悩んでいたところをすでに登っているクライマーの方に教えてもらい
なんとか着きました.

早速登ろうと準備をして
私がヌンチャクをかけに登ります.

かわかみこうた
す,すらぶぅ・・・


下部はまたスラブ・・・ ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

(`・ω・´)シャキーン

しかし,昨日の怖いスラブで鍛えられた私に死角はない!
(但し低グレードのスラブのみ)

すすいと登って真上の終了点にクリップして左にトラバースして
左の終了点でテンションを貰い絶景を楽しんだ後
終了点構築しロワーダウンします.

ろあーだうん
しゅるーん


次に黒縁ナナフシがリードで登りましたが
スメアが効いていないようで,足がズルズルっと滑ってます
(lll゚Д゚)ヒイィィィ!! みてて怖い!

ナナフシしゅるーん
そこでスメア!?



でもなんとかノーテンでトップアウトし絶景を楽しみます

トポではトラバースして終了という書き方でしたが
ここでレギュラー(5.10c)やイレギュラー(5.10d)に人が来たので真上の終了点に架け替えて
KNJと大ナナフシがトップロープで登ります( ー`дー´)キリッ

この辺りから川上小唄で順番待ちができ始めたので
サクっと登ってくれるといいなーと思っている中
大ナナフシがスタートです.

大ナナフシは「怖い怖い!」と言いながら
下から見てるといったいどういうスメアしてるの!?
といった足の置き方にもかかわらず高度をどんどん上げていきトップアウト!
時間も10分かからないほどで登って高度感&絶景を楽しんで降りてきました


不思議スメア

不可思議スメア,ちなみにフットホールドは有りません (;・∀・)


次にスラブは得意なKNJが登ります.
やっぱり,怖いとはいいながら一番スムーズに登っていきトップアウト
絶景を楽しんでテンションを上げて帰ってきました.

KNJ
危なげない登り.次はリードか?

順番待ちもあまり待たせるとかわいそうなので
ナナフシくんが回収便をだして回収します.


少し休憩の後
私とナナフシがレギュラー(5.10c)に挑みました

前のクライマーの人の動きや持っているホールドをみても

???

ど,どういうことなの・・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
どう見てもつまんでいるだけ&足も甘いホールドにスメアしているようにしか見えない

ビクビクしながら登攀開始です (´∀`;)

スタートからどうやって上がるかよくわからない(;´Д`)
1ピンまでも結構距離あります
落ちたくない・・・落ちたくない・・・落ちたくない

そえーい!
と得意の力技でガバ(っぽい)ホールドに飛びつきました

カチだった

なんとかこらえてクリップ ( ´ー`)フゥ
┐(´∀`)┌ヤレヤレだぜ(まだ1ピン目)

うわーい

その写真


そんなこんなで
花崗岩に慣れていないながら手を探し足を探し
4ピンまではノーテンだったんですが

その後テン山 (;´∀`)
時間をかけて登っていたら前腕がパンパンに
カチ,カチ,カチ,カチ,ガバって感じのペースだったのに・・・
スタミナ&テクニック不足が露見します (゚д゚lll)ガーン

ヒーヒー言いながらなんとか終了点が見えるところまで
20mほどフェイスを登ったらスラブ ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

支点が足元で,その下には20mの空間を隔てての突き出た岩
これだからクライミングはや・め・ら・れ・な・い

泣きそうになりながら,ずり落ちながら
左のカンテに逃げてトップアウト


20m上スラブ
地上20mフェイスを登ったあとに出てくるスラブ・・・


次にナナフシがトップロープトライ
以下本人談

今回の敗因
その1 オブザベーション不足
その2 対応力不足
その3 高さにビビる(あっそんな高さまで登ってないや(;´∀`))
その4 時間制限付きのトライでテンパる
その5 支点回収のことで頭がいっぱい

自分をホメるところ
その1 調子に乗らずトップロープにしたこと.(リードだったら死んでました.)
以上

いやー小川山はレベルが高いですな~.レギュラーはいい課題だと思うんで,ぜひマスターで登ってみたいです.
まだまだ外岩の経験が少ないんで,支点設置・回収も含めてレベルを上げていきたいです!!

ニア ザ グラウンド
高度感のある写真?

ここまで

こんな感じでホニャホニャ登って
駐車場で昼寝をして4時頃に出発

帰りは考えていたとおり中央高速が大渋滞で
上野原から五日市に抜けて帰ってきました

はーとてーるらんぷ
ハートマークにみえるテールランプ



これから小川山に行く人へ
○結構朝夜は冷え込むので防寒具必須です
○楽しめ!

スポンサーサイト
Copyright © 艱難辛苦を与えよ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。