スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
八ヶ岳最終日-石尊陵-
今日は最終日。

楽しみにしていたバリエーションの石尊陵にトライです。
うひひ


朝は4時起床
6時には余裕を持って出発します。

中山乗っ越しを越えて、トレースを辿ります。
トレースはしっかりと踏み固められていますが
ミヤマハンノキやダケカンバの潅木類が多く貼り出しており
行く手を邪魔します。

取り付きへ行ってみると4人組の先行パーティが
装備を整えているところでした
石尊稜は取り付きが斜面なので、雪壁下で装備を整え
前のパーティとの間隔を開けて出発~

とりつき
とりつき

準備なう
準備

前のパーティとの兼ね合いのため1ピッチ目は雪壁と草付きを我々は上がりましたが
もっと2ピッチ目の草付き岸壁よりに登ればただの雪壁で簡単です

2ピッチ目の草付きからロープを出します
一応ロープを出したものの今回は30mなのでピッチが中途半端にしか切れず
タイムロス。。。(;´Д`)

ダブルロープの購入がこれ以上のレベルでは必要であるな・・・

無駄にピッチ数を増やして
潅木でセカンドを上げてコンテで雪稜をゆく


雪稜
トレースを描けるならもっと美しいだろう

上部岸壁に付きリード
難しくないのでビレイ点に一本とった以降は
中間支点無しで駆け上がります

ロープいる場所なのか?
ロープいるの?


しかし、そこは30m。。。
すぐにロープいっぱいとのコール(;´Д`)

中途半端な場所なのでちょっとしたクラックに
なんとなく持ってきたカムやピナクルで支点を作ってビレイ
めんどくせぇ。。。

上部岸壁出口のガレ場では10mほど行ったところでロープいっぱい・・・
ガレ場に薄く雪がついただけ。。。仕方ないのでチョコッと出てた岩に
足をおいて腰絡みでビレイ。

ぬっきー落ちるなよーと念じつつビレイ
念が届いたのか無事にトップアウトしそのまま
稜線へ

ぬっきーとがっちり握手して登攀終了。


あー幸せ。


ヌッキーは途中「置いて行かれたけどどーやって付いて行こう」とか
「こんなとこ連れてきやがって、●してやる」とか思ったらしいですが
最終的に稜線へ突き上げるルートの楽しさに満足したようで、●されずにすみました


おかたづけ
稜線でお片づけ。今日もいい天気

稜線でゆっくりした後は
地蔵尾根を下ります。
個々でもシリセード職人がいたようで1時間もかからず下山完了。

行者小屋で撤収作業をしながら
のんびりして、下山しました。

ZZZ


いやぁ、今回は最高だった!!
またいこう!
(実際3月1週目に良く予定)

スポンサーサイト
Copyright © 艱難辛苦を与えよ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。