スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黄蓮谷の右股にいってきたよー
2012年12月1日から2日(?)で黄蓮谷の右股に行ってきました。

写真はそのうち

メンバーは同人青鬼のまっちゃんと私の二人。
楽しいアイス祭りの幕開けだ!URYYYY!!!

金曜日の夜に道の駅白州で3時間くらい仮眠してちょっと遅めの6時から黒戸尾根にとりつく。

めんどくさい、だるい、長いと思いながら5合目に11時ごろ到着。

558899_255437134582649_675614266_n.jpg


少し休憩してしっかりとした踏み跡を辿り谷へと下ります。
踏み跡は赤布もバッチリで迷いようがないかんじ。

坊主の滝の一つ下にでて、右岸をトラバースして坊主の滝へ

バッチリ氷結してるぅ!
というか硬すぎるぐらい。
新品のノミックさんが弾かれまくる。

73290_255437221249307_1650648587_n.jpg



まぁ、サクッと登ってビレイ。
因みにまっちゃんはマトモにアイス始めたのは今シーズンから。
というか、裏同心フリーソロで導入ってどうなのよ。。。

とまぁ、坊主の滝抜けるとナメがあって、雪崩もなさそうな広場になり、ここが二股となる感じ。

ここから足馴らしだからと右股に入る。
右股に入ってビバークポイント探しながらうろうろして、二股のすぐ上の雪崩、落石、風も回避できそうな場所にツェルトを張って今日は終了。
朝6時から15時までのゆるふわ行程で飯食って寝る。

しかし、まさかのまっちゃんは「寝袋はエイド」といって防寒着ちょろっと着て、横になった。

恐るべし、青鬼(゚Д゚;)


こんな状態なのに。。。

もちろん僕はゆるふわ山ボーイなんで寝袋は持参ですにょ

翌日朝5時に起床して、6時前に出立。
まっちゃん「ねみぃ、温泉入る夢見て虚しくなったわ」

(´д`)

さて、出立

簡単な滝をいくつか超えてラッセルも二股上から膝くらいに。

487062_255437291249300_378419105_n.jpg


これ、雪崩嫌だなとか、あれ?まだ12月と思いながら進み。

なんか傾斜急な斜面だなぁーとラッセルとアイス交えて登ると坊主岩下部に到着。

ということは今のが奥千丈の滝かよ。
さようならハイライト。
ロープいらない感じ。

まぁ、9時ごろに奥千丈終わったし、もうすこしで稜線じゃんと思ってました。。。

598424_255437341249295_973282404_n.jpg

まだまだ余裕

ここからが怒涛のラッセル祭りの開催だ!

まさかの本当のインゼルついたのが14時過ぎ?

奥の二股ついたのが15時ごろ

奥の滝超えて稜線でたのが18時!!

あたりは真っ暗しかも昼間の快晴は消え、吹雪いてホワイトアウト。
さすがにソフトシェル行動は厳しくなったのでハードシェルを着込む。

甲斐駒ピーク直下100mに出て、登ろうかとも考えたが、下山を考え敗退。

5合目に戻ったのが22時50分で1時間の仮眠休憩(そのまま横になるだけ)

車に戻ったのが月曜日の3時20分(´ー`)
しかも、車バッテリーあがってる!

まっちゃんがレッカー呼んで、出発!
したらなんか笹子トンネル崩落!
ち、遅刻する!と焦りつつも06:50に家について7時15分の電車で会社へ

こういう日に限って座れない。

いやぁ充実した週末だったぁ!
スポンサーサイト
Copyright © 艱難辛苦を与えよ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。