FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
利尻 仙法志稜

北海道岳人の憧れ仙法志稜に行ってきました。
4/21-4/23の計三日間
道民クライマーのコバチョフと

朝いちのフェリーで鴛泊からタクシー
しおり橋で降ろされ、初日は第一ギャップまで。
夜は風が強く、あまり寝れなかった。

仙法志稜 (2)_R
SEA TO SUMMIT この逆側はすぐ海

仙法志稜 (12)_R
西壁やばーい

2日目は朝明るくなるタイミングで行動開始。
4:30くらいだったかな?
バットレス基部に10:00ごろ着飯くったりしてから取り付く。
ハイマツテラスに11:30ごろ?


仙法志稜 (27)_R
ハイマツテラスから振り返る。地形複雑過ぎてどこ通ってきたのやら



バットレスはもうすでに凍み溶けでボロボロ。
かなりアドレナリン出ましたが満喫しました。


仙法志稜 (33)_R
14時前にバットレスの頭へ到着。写真など撮る。

16時に長官山避難小屋へ

翌朝7時過ぎ下山開始。
10時前に下山完了。


トレースもなくルーファイ、登攀力、体力、精神力、常に気が抜けない総合力の試される良いルートでした。
懸垂支点など残置支点や残置フィックスがなくなればもっと、脳みそ使う良いルートになるかも(もしくは冬)

春とはいっても仙法志。山の総合力が必要な感じ、楽しみました。

【メモ】
ロープに関しては落石で切れる、やむなくヤムナイ沢敗退とかすることなければ
今回のコンディションの場合60シングルで問題なし。
P2からの懸垂は30m二回で問題なし。
バットレスもプロテクション取れないからロープの流れ関係なし!

この時期は雪もしまっており、結局ワカンいらなかった。
スポンサーサイト
Copyright © 艱難辛苦を与えよ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。