スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
八ヶ岳でアイスクライミング 1日目
ベースキャンプのクリスマスセッションの翌日の夜に
Raitaro&KNJ&Campsisと八王子に集合し
八ヶ岳に出発です。

世間はクリスマスって浮かれてるので
ダメ人間 山屋は山に 逃げる 行くのです!

今回の目標はアイスクライミング技術の習得
いつもどおり先生はRaitaroです。
(一番年下なんだけどね(;´∀`))


今回のメンバーで私とRaitaro以外は冬山自体が初
どうなることやら


夜行で小淵沢道の駅に着
大体八王子から一時間半くらいでした。
コンビニで買った夕飯を食って、車中泊

と行きたかったのですが、翌日の楽しいだろうことを
妄想 想像して、話が弾んで結局睡眠時間が3時間弱(;´∀`)


朝起きてみるとあたりは真っ白。。。
わーい、ホワイト・クリスマス!
って、今回チェーン忘れたわ!( ゚д゚)ハッ!

暖機運転させた後にコンビニに寄り
温かい物を補給して美濃戸の八ヶ岳山荘に向かいます

ウヒィ、雪が5cm程積もってるせいでブレーキ踏めねぇ
と、八ヶ岳山荘が見えてきたと思ったら
全然前に進まない。。。


ってタイヤ滑ってるよ!!

CampsisとRaitaroに押してもらい
なんとか駐車場に・・・( ´ー`)フゥー

駐車料金を払おうとしましたが山荘がまだ開いておらず
帰ってきてから払おうとせっせと準備し、出発!

(駐車料金は山荘ではなくプレハブの方に支払うらしい)

じゅんびちう
じゅんびちう

美濃戸山荘前


ちんたら歩いて南沢へ向かいます
当初の予定では行者小屋でしたが歩きたくない人が出たので
途中でビバーク

初日は南沢小滝で基礎訓練です。
Raitaroにトップロープを張ってもらって
みんなで取り付きます

ギアは私以外はRaitaro先生に借ります
(実はギアの一部を格安で譲ってもらうことに( ̄ー ̄)ニヤリ)

としたら他のパーティが上がってきました。
ん、見た顔だと思ったら

廣川健太郎さんでした:(;゙゚'ω゚'):
サイン貰っておけばよかった・・・

とか思いながら一人3回くらいトップロープで登ります

南沢小滝

クラポン小滝
登るCampsis

私は初日なのにリードに挑戦

将来的にリードできるようになりたいのでチャレンジ!

ちなみにトップロープでは全部ノーテン!
頑張るぜ!

ちょっと、緊張しながら3mほど登りそろそろ
一本目のアイススクリューをねじ込もうとしたら上手く入らない
ちょっと体から離すと入らないなと体をもっと
氷のいい状態のところに近づけようと思ったとたん




バシンッ




えっ!?っと思った途端に足元が崩れ
バイルが外れバランスを崩し、重力に引かれました。
やべっと思った瞬間に壁から離れるように壁を蹴りバランスを立て直す





スタッ( ・`д・´)キリッ





周りの人「( ゚д゚)ポカーン( ゚д゚)ポカーン( ゚д゚)ポカーン( ゚д゚)ポカーン」


'`,、('∀`) '`,、


危なかったぁ(;´Д`)
もう一本上だったら怪我してたかもな
(まさかの無傷の五体満足)


少し休憩して、再チャレンジ!
正直、いつさっきのように外れて落ちるかというプレッシャーが
大きかったが30分近くかけて、トップアウト

自分の恐怖心を押さえて、自分をコントロールして動かすのが難しかった
何度パンプ取り以外の深呼吸したことか・・・
あとは、フリーやっててよかった。レストすれば小滝位までなら1時間でも
ぶら下がってもパンプで落ちることが無いっていうのも救いだった・・・

とかなり搾り出して登りました。
つぎのリードはもうちょっと経験積んでからだな(;´Д`)
まだまだ、自分の技術が信頼できない。

とそろそろ行動終了にいい時間なのでテントに戻って
炊事と濡れ物を乾かし、明るいうちにシュラフに入り
睡眠。明日が楽しみだ!

つづく
-----------------------------------

追記です
環境と装備

今回は下の赤岳山荘で最低気温が朝8時頃に
-18℃ほどでしたが
樹林帯の中はせいぜい-10℃といったところ

シュラフは羽毛380gにインナーシーツとシュラフカバーで寝ました
が暖かく上半身はハードシェルまで、下半身はオーバーパンツまでで調度良かったです。
服装は

上半身
・アンダーウエア
・ブレスサーモ長袖
・Tシャツ
・ハードシェル
・フリース(防寒具)
・化繊インナーダウン(防寒具)
・ネックウォーマー
・帽子

下半身
・タイツ
・3シーズンパンツ
・スパッツ
・オーバーパンツ
・マイクロフリースパンツ(防寒具)
・ジャージ(防寒具)
・象足(防寒具)

でした。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 艱難辛苦を与えよ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。