スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤岳硫黄縦走
さて、遊びまわっていたらブログかけませんでしたよっと。

前の日記の続きです
八ヶ岳の二日目は行者発~赤岳~硫黄~行者の縦走です

朝、4時起床の予定が寝坊して5時起床に。。。
なんかしょっちゅう寝坊してるな(;´Д`)

朝6時過ぎにテン場を出発し
文三郎尾根をのろのろと上がる

本日も快晴が約束されている感じ!!
愛してるぜ八ヶ岳!

ぽつねん
ぽつんぬっきー

特に上部までは歩行以上の技術は必要なし。
まぁ、「アイゼン付けて」というのはもちろんですが

赤岳主稜をやっているパーティを横目で見ながら
だらだら歩きます。

上部の岩場もぬっきーにちょいちょい
アドバイスしながらパスします

いわーば
ぬっきー文三郎尾根上部岩場通過中


出発が遅かったのでお日様が出てポカポカ。
しかもほぼ無風。。。ありがてェ

適度に気を抜きつつ
頂上へ


おきまり
お決まりポーズのぬっきー


祠
ふーむ、今年はえびのしっぽが殆ど無いな


さて、ここからが本番だぜ( ̄ー ̄)ニヤリ
と行ってもロープ出すほどの場所ではないですが
多少の緊張が必要です。


頼もしい背中
頼もしい背中。。。あら、私じゃない!( ̄ー ̄)ニヤリ


さすがはワンゲル
問題なく付いてきます。

うひぃ、かっこいい
この角度の赤岳はかっこいいなぁ


引き続き危険箇所は事前に教えて確保なしで通過します

稜線歩きなのにフリース着ていると暑いくらいの好天
風邪もないなんてミラクル!

素晴らしい景色と適度の緊張を楽しみ歩きます。

しかし、横岳あたりで
暑い。。。

( ゚д゚)ハッ!

じゃぁ脱げばいいんだ!!!

上裸ぬっき
ヌッキー上裸


クライマーズ・ハイ
無駄にクライマーズ・ハイ

無風でドライなので温かい。。。
と、ふざけ過ぎると事故のもとなので
先に進みます


奥の院のはしごを下り、カニのヨコバイ(?)を通過すると
後は平坦な道です。あーだるぅ


後光が!
はしごで後光がさす


だらだら気を抜きつつ、七つのケルンに導かれ
(と言ってもケルンの必要がないほど快晴)
硫黄岳頂上へ

硫黄登り
だるい登り

硫黄のあたりは風が強いことが多く、雪が付きにくいんだが
さすがについてなさすぎでしょう。。。
今年の八ヶ岳は雪少なめな気がするなぁ

と、赤岩の頭からはシリセード職人がいたみたいで
素晴らしいシリセードコースが下山道についてます。

これは行くっきゃないと使わせてもらうと20分程で
ジョウゴ沢F1上部に到着

せっかくだしということで
しばし、アイスボルダーに勤しむ(ただし氷瀑が寝てて簡単)


アイス
アイスボルダーぬっきー

ぬっきーはアイスをお気に召したようです

少し遊んでめんどくさい中山乗っ越しを越え
テン場へ戻りました。

明日は石尊陵。
実に楽しみじゃわい。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 艱難辛苦を与えよ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。