スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラック合宿 最終日 瑞牆!!
悲しいけど。やって来ました最終日。

塩川ダムで前日泊まった我々は瑞牆へと向かいます。

末端壁!!


まったん!
まったん!


あおいそら
えくせれんと!


天気も最高、コンディションも最高。
泣けて来るほど最高だ!

いやぁ、瑞牆、小川山と歓迎してもらってスイマセン(∀`*ゞ)エヘヘ

|д゚)チラッ   (某棒虫)

そんなこんなで取り付きへ!
今回のチームは、雷太郎TOP、たっくんフォロー、campsis フォローとワシTOPの嫁フォローの2パーティ

1P目から気持ちよさそう。

りーどうーだい
リード雷太郎

ふぉろーたっくん
フォローたっくん

うーたくーみー
パーフェクトコンディション。あれ、下のテラスに何かいる。

どやおれ
イエス!ワシ!

ノーフォールで1~4P目まで上がる。
さいこぉおおおおおおおおおおおお!!!

最高に気持ちがいい!
まさにフリークライミングだな。
ボルトに頼らないだけでこんなに冒険的になるなんて!!

ボルトなら「えいっ」ってところが慎重になる。
あのドキドキ感NPはいいね。実に( ・∀・)イイ!!


びっくり!
「瑞牆最高過ぎてびっくり!」の図


大ヤスリ
大ヤスリもはっきり!



このころから、ノーフォールでオールピッチフラッシュを考えていた。
が、先頭の雷太郎が上部の見えない所でテンション連呼。
はて?落ちるようなのあるのか?こっからはみえんが。

そのフォローのたっくんも上部で「うわ、なんだこれ」とか言ってる。
campsisにいたっては手前のフレークで落ちてる。(笑)


さて、とりあえず行ってみるべと5Pめはオフィズスのフレークからスタートです。


2ぴん
プロテクションは、まさかのここまで登って最初の黄色キャメと6番キャメの2ピンのみ。

なんとか、フレーク抜けてさっき色々な断末魔が聞こえてきたところに到着。
悪いOWでした。

ギアを片側にかけ変えてチャレンジ!
もぞもぞ。( ´ー`)フゥー...

もぞもぞ( ´ー`)フゥー...

もぞもぞ


ギャアァァァァ━━━━(|||゜Д゜)━━━!!!!!!

落ちた。

原因は外側の足をスメアで体上げたときにロープを踏んで吐き出された。
あと少しだったのに、悔しくて嫁に悪態付きました。
ごめんなさい。

で、もう心が折れたので、エイドで上がっていたら。

奥に決めてた紫キャメが 「すぽーん」

ハッハッハ、初めてカム抜けた。
マジで→( ゚д゚)って顔になった。

しかし、すぐ下にバックアップを入れていたので無事止まる。

ボロボロでトップアウトして、太陽と競争して懸垂。
さて、帰ろうとヘッデンを探したけどみつからない!(;´Д`)

帰り道、何度もこけましたが、また来てやる!瑞牆!
(;´д`)ノ マッテェェェロイ!!


あと、家帰ってヘッデン探したら雨蓋の裏に入ってました
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 艱難辛苦を与えよ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。