スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青鬼 足尾合宿 三日目
足尾合宿も実質登れる日としては最終日になった。

きょうは二日目にウメコバ沢へ上がる途中に見えた、黒々としたかっこいいヘッドウォールを持つあの山に行こう!!
手前は剃り立つ岸壁、そのゴルジュのなかをうねり消えていく氷のライン。
うひぃ、そそるね

1.jpg
それがこれだ!!どうだそそるだろう!!

トポもないし、実は地形図もないし(GPSはあるけど使いたくない)、足尾の地形頭入っている人もいないし、むしろみんな足尾初だけど。
かっこいいし、行けばいいんじゃね?

ということで合言葉は「山行こうぜ」で参加者を募る。
釣られた集まった参加者はわし、TAKAたん、みつるアニキ、くらぽんの総勢4名
こんだけ人数いてPT一つだとめんどくせぇので2PT形式で攻める。(ただしギアは大部分が共有)

0.jpg
選ばれし アホ、変態、馬鹿 勇者たちである

PTは連日PTを組んでいたTAKAたんとわしが別れ、くらぽんと組むことに。
とりあえず、最初の滝をくらぽんがリードして突破し、すこし進むも4ー5mの簡単な滝が連続する程度なので、確保の必要なしということで時間節約も考えフリーソロで行くこととする。

2 (1)
いろいろな、滝を超え

2 (2)
超え

2 (3)
越え

3.jpg
こええええええええええ(落ちたらビショビショ的な意味で)

2 (4)
うほぉお

2 (5)
たってるぅ


4人でフリーソロすること数時間。。。
ついにアイスセクションを突破仕切る。

すると雪壁ブッシュへ突入する。
登っていると大分傾斜が立ってきたあぁあああああと思ったら雪の下がスラブだったりしてかなり嫌らしい。
後ろを振り向くとみつるアニキが流血してるし、なかなか手強い。

2 (6)
あにぃ!

ブッシュ抜けたと思ったら簡単だけど岩場をフリーソロして安定斜面へ。
ちらちら黒い影がみえている。

2 (9)

2 (7)

締まった雪のルンゼをうひょー楽しい!とかウキウキしながら登る。


2 (8)
すると。。。でました!!ヘッドウォール!!

2 (10)
すこし歩いてヘッドウォール基部まで近づき、弱点を探す。
すると顕著な弱点が2つ見つかり、別れて登ることに。

われわれPTはスカイラインを攻めることに。
しかし、見るからにボロボロの岩である。一部支点は取れるものの落ちて止まる保証はない。
しかも、ホールド欠けまくる。普通登らないんじゃね??


2 (11)
TAKA&みつるのルンゼルート


ま、簡単そうだし落ちなければいいかの精神で取り付く。
うん、実際簡単。せいぜいⅡ級くらいである。

しかし、プアプロ。
とりあえずロープをいっぱいまでのばして、プアな支点というか、もはやボディビレイ。
セルフはナッツのオポジションと、効いてないハーケン、暮れてゆく夕陽。

くらぽんも落ちずに合流
そのまま、つるべでくらぽんリード。
足元からどんどん夕闇が迫って来る。

2 (12)



くらぽんリード

2p目をフォローで登るも簡単だった
が、60m中、プロテクションは親指くらいの植物たん×2。
まじ萌えだきゅん☆

そんなピッチをこなすとピークが現れた。
もはや歩くだけで頂上だ。
ギアも受け渡さず、歩き、となりのPTのTAKAたんと同時にピークへ上がり、フォローもそのまま上がって来る。
日も落ちかけて、なんとか明るいうちにピークへ立てた。

シカの食害だろうか、丈の低い笹が実に高山風な雰囲気を醸し出している。
遠く、青く眠っていく山並み。
前日と異なり、風も優しく、いい気分だ。

4.jpg
やっほぅ

素晴らしい、山だった。
トポ通りに登るのも楽しいけど、やっぱりこういうほうが山、冒険、って感じがしてすごい好き。
このルートを登る力があってよかった。
「山登ったぁあ」って言うのが感想かな。トポとにらめっこだとこの開放感は無い。

ほんとうに仲間に感謝。

R63741_426960284041824_515692055_n_R.jpg

ピークで写真を撮って下山開始。
ジャンダルムから懸垂案もでたが、チーム安全第一として、歩いて下りることに。

下山途中に赤テープがあり、テープ通りに下りるも途中でロスト。
途中、氷瀑を懸垂したところから雲行きが怪しくなって来る。
氷曝の下には側壁15mのゴルジュが待ち構えており、登り帰すか降りて歩くかの二択になった。

誰ひとり地図をも持っていない。
自力での、野性の感での登山であったがここでゆるふわ山ボーイの僕はへたれてGPS出動。
GPSでみるとゴルジュ内の河原が歩けそうな感じで、100mも下れば林道に出そうな雰囲気。
TAKAが偵察で降りて、大丈夫そうなのでみんなで下りる。

しかしロープが抜けない。。。
試行錯誤しているうちにロープがクロスしていることに気づき直して引いてみると出てきたぁあああ

歩いて、林道に出て、2時間ほど歩いてBCに帰還。
ふぃいい楽しかった。

ところで、あのピークなんて名前だったんだろうか。
まぁいいか!かっこいい黒い山に登れてしあわしぇ!!!

後日動画も上げておきます。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 艱難辛苦を与えよ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。