スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
谷川岳 一ノ倉
アップするの忘れてた
9/23に谷川岳一の倉

なんだこの腐臭は

深夜の谷川岳ropeway駐車場

もちろん幻
しかしそう感じさせるものがソコにはあった。



なんじゃこりゃ。
テディcarで轢け挽け!
(人違いなら大惨事)

もちろん青鬼の仲間の我らが似非観音池田山を筆頭に、アラサワぱいせん、まっちゃん、いでっち、りーさんの骸…もとい寝姿である。

池田山の「おっす!オラ観音!いっちょ(烏帽子奥壁ダイレクト)やってみっか!」の合い言葉にゾロゾロ集まったゾンビ次第である。

そんなこんなで準備して出発。
観音効果か日頃の行いが良いためか快晴!最高のクライミングびよりなのだ


朝日に輝く一ノ倉


こんな親切もあるのよ

早速アプローチ。
私実は一ノ倉も初なんです。正直余り良い噂を聞かず敬遠していた。

アプローチからなかなかイヤらしい。テールリッジなんて核心かとおもった。

で、みんな同じルート登るのはナンセンスってことで、テディぱいせんとザイルパートナーとなって変態○○ニーじゃなくて変形チムニーに取り付きます。

まっちゃん、りーさんコンビは変チからのダイレクト合流に

簡単なんだけどいまいち悪い。
プロテクションも腐れ残置が多く信用ならない。

基本ランナウト。



岩も浮いてて噂通り。
でも、山壁きもちいい!!

変チはとくに悪いところもなくまっちゃんの腐れエイドで苦しんでる姿を横目に気持ち良く高度を稼ぐ。

みんな楽しそう!

まだアドレナリンでてないまっちゃん


余裕すぎて登りながらアクションカムで撮影してくるアラサワぱいせん


最終ピッチ

心地よい疲れでトップアウトし、皆が来るまでのんびりー


みんなそろったところで南稜の頭で写真

こんな大勢でどうかと思ったけどみんな好き勝手に楽しめる人たちと登るのはめっちゃ楽しかった。またいきたい!

下降は大人数の物量作戦で高速懸垂加工であっという間に南稜テラス。

暗がりの中を恐々下りると、出合でミツル子さんがコーラを冷やしてくれていました。

これが20時くらい?

テディ、私、ミツル子さんの神奈川組は眠気でフラフラになりながら帰りましたとさ。

NP効かないというかハーケンかボルトしか殆ど効かない谷川恐るべし
こりゃ昔のクライマー強いわけだわ


荒沢さんがかっこいい動画を編集してくれました。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 艱難辛苦を与えよ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。