スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宝剣中央稜の右
冬が近い。

足尾にドラツートレもしにいけてないけどグズグズしてると置いてかれてしまう。

山の上の方は雪が降っている。

そんなで11月23~24日は青鬼のまっちゃんと宝剣東面に行ってきました

冬のアルパイン!と言いたいところだけどまだ11月だし、アプローチ30分だし、ロープウェーのアナウンス聞こえるし、まだ雪全然ないし、そもそもアルパインとはと哲学的になるので置いといて

ただ単に青い空、硬い岩、白い花崗岩、うっひょーサイコーって感じです



本当は歩きもかねて赤石沢奥壁予定だったけど低きに流れました。

登ったルートは冬の宝剣でよく登られている。。。。の右。ドコソコ
残置もライン上は一つもなかったのであんまり登られていないかんじ

天気良くて気持ち良く漫然と登ってていたのでピッチ数とかよく覚えてない。

とりあえず、見栄えの良いパラレルクラックに突っ込む。

取りあえず1ピッチ目はⅣ級?位あってシーズンはじめで且つ豚になり果てた僕の体にはなかなか痺れるクライミングになった。

全ピッチの中で一番難しくて、一番格好良かったのがこのピッチ。

傾斜80度くらいのパラレルクラックにバイルをこじったり、フッキングして登る。もちろんオールNP
傾斜が緩くなったスラブ&ハイマツを超え左にトラバースして終了。


上のスラブ

2ピッチ目は融雪が発達しているガリーを上がる。もう少しあとならもっと氷が発達して楽しそう。




まっちゃんGO!

次のピッチはフッキングからのガバにバイル鬼引きつけてからの凍った草付きズドン!

たのしいねぇ。

で、訳わからないトラバースこなして終了点


足下切れてるぅ!

そして、次のピッチでピーク着!

気持ちええ。

宝剣山荘の風下にギアを置いて、デポしたザックを回収。


深夜から風が吹き、朝になってもやまず。
ビビったわたくし、木曽駒ピークまでハイキングで逃走をはかりましたとさ。






千畳敷カール内は無風だったからやれば良かった。
メンタル弱いー

しかも、風邪気味で行って冷たい風気持ち良くて沢山吸ったら気管支炎と副鼻腔炎になった。。。今シーズン大丈夫なのか!?
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 艱難辛苦を与えよ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。