スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボルダーサーキット

小川山で青鬼の松ちゃん、あつしさんと初めましての擦り傷さんと。



冬に備えて登りこみと言うことでボルダーサーキット。


パタゴニアのソニートロッター来日時のジャンボ先生


スライドショーで見て興味が出たので実行


もともと、フォンテーヌブロー発祥で登攀継続力をつけるためのトレーニング発祥とのこと。



やった結果


・身体バキバキ(高負荷)


・集中力維持が難しい


・いつでも辞められるシチュエーションが逆に辛い


・色んな毛色の課題が登れて楽しい。


・ルートで言えば核心ムーブを効率的に沢山登れる


・寄れたあとの6Q の辛いこと



登った課題は以下の通り(松ちゃんブログから引用)。





・ヴィクター:13コンパウンド4Q、10無名7Q、2マントル5Q


・キューヴ:7マントル6Q、4マントル7Q、6マントル6Q


・親指岩下ボルダー


 漆岩:46縦ダイク6Q、47スラブ4Q、48スラブ7Q


 哲学岩:42無名5Q、39マントル7Q


 コブ岩:45コブ頭7Q


 露岩:37チムニー6Q、28無名7Q、32無名7Q


・林の中のボルダー


 クジラ岩:20クラック5Q、8フィン6Q、16ダイク道5Q


 スパイヤー:43スラブ5Q


 プーシェ:85穴プーシェ7Q


 ドンキー:46無名7Q、48ドンキー6Q、


 トリトン:78無名7Q、79無名6Q


 ホワイト・ブロック:68ホワイトクラック7Q


 アンブレラ:72マントル6Q、


 タートル:63無名6Q


 ウィスキーボトル:98カンテ6Q、100無名7Q、95無名6Q



がおすすめ

※番号は黒本No.





4Q2本


5Q5本


6Q11本


7Q12本


計30本



スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 艱難辛苦を与えよ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。