スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北岳バットレス 四尾根 冬季 ソロ


1月9日から1月11日にて北岳バットレス四尾根に行ってきました。

ソロですが、パートナーがいない訳じゃ無いんだからねッ!!

きっかけは、ちっぺりっきーの撮ってきた北岳バットレスの写真。

年末年始体調をくずし山に行けないときに見てしまってからずっとムラムラ。

金曜日夜入りで奈良田まで。

初日は12時間行動にて、開運隧道~池山吊尾根経由で
ボーコン頭と八本歯コルの間の岩影ビバーク。

雪も全然ないし、気温も高い。本当にこれ冬かよ?


イメージ 1



二日目はアタック日

時折吹き付ける強風のためと言い訳するも、風も弱まり6時に出発。

八本歯コルから快調に下り過ぎて、迷い登り返し下部岸壁09時45分着。

イメージ 2

この時点で、年末年始寝込んでいたツケかヘロヘロ。
行けるところまで行こうと取り付く。

せっかく取り付くのに、敗退前提で取り付く訳ないよね。

でも時間がない。

フリーソロでいっか。

下部を十字クラック左の凹角を繋いで登る。

1ピッチ目はバイル受け付けず、グローブでフリー。

2ピッチ目は泥草付きでミックスフリー。一ヶ所途中で残置クリップしてレスト&ルーファイして下部終了。

地味に悪い。ザックとギアの重さが効いてる?

四尾根取付に12時30分着

四尾根は技術的な問題ないと踏んでいたので、軽量化のため、ロープはダブルの60m一本しか持ってきていない。

下降決めるなら今。情けないことに息も切れ切れだけど、今降りたら後悔するよな。

最近、山でちょっと厳しかったり、辛かったり、
疲れたり、暗くなっただけで下山の衝動が強くなる。

そして、いつも安全圏に戻ってきて自己嫌悪。

俺のやりたい山や、俺の成りたいのはそうじゃねぇだろ

時間の兼ね合いもあるので、フリーソロで駆け上がる。

2P 目終了点で13時

いいペース。コントロールはできている(つもり)

日も当たるし、動き続けているので暑い。



イメージ 3
イメージ 5

マッチ箱懸垂終了で15時

明るいうちに頂上踏めるかな?



イメージ 4

枯れ木テラスから左にトラバース
足元が長いスラブで、滑ったら止まらない怖かった。

チムニーへ。

ココが悪くて、セルフスリングで一部確保しながら登攀

16時半頃に雪田へ

へろへろココに極まれり、山頂まで全力で歩いて17時半に頂上着



イメージ 6

こっから下山。

ふらふらしてたのは風が故だけではない。



20時前にビバークポイントに戻ってきて、水だけ飲んで
倒れるように就寝。


三日目は前日の疲れをたっぷり寝て回復し08時30分に出発し、
開運隧道に13時30分到着。久々の山で疲労困憊。

下山完了。

雪も少なく、トレースもバッチリ、冬季登攀と言えるのか?

これがラッセル祭りであったら不可能だった。

実力とは言えないけど壁に取り付いてからは悪くなかった・・・かな



普段フリーでフリーソロとかやってたお陰か気負わず、ストレスなくフリーソロを使えたのは良かった。
フリーソロは目的ではなく、手段のほうがしっくり来る。



イメージ 7


なにより冬に北岳バットレスしかもソロって分かってても山に行かせてくれた、

嫁と息子さんきゅー!

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 艱難辛苦を与えよ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。