スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々御岳ボルダー
土曜日は徒党を組んで御岳に行ってきましたよ

参加者は魔女さん、大ナナフシくんの自称研究室組と彼女の3人です(自分を入れると4人)

「感想は?」と聞かれたら

楽しかった!
暑かった!
結構泳げた!


朝の8時半に拝島駅に集合して車で御岳へブーン
道も比較的すいていて一時間ほどで付きました。
(基本的に御岳の駐車場は10時を過ぎると混み始めます)

今回の参加者の魔女さんは初御岳、大ナナフシくんは先日のカラファテ
スーパーチープセールで初クライミングシューズ(GANBIT)を買ったばかり!
そして、私は先日の韓国での半日観光でアプローチシューズ(岩にも登れる軽登山靴)を
手にいれたので試したいんだぜ!

ということで最初はやっぱり講習会でもよく利用されるあの岩でしょ!
と、デラシネボルダーへ

それではと、低グレードからトライしてもらったら
みんな6Qまではスイスイ行きます

特に大ナナフシくんがジムでの登りとは違う長身を活かした登りを見せます、スイスイ
ジムでは狭いムーブで苦しんで8Qくらいまでだったのに一気にグレード更新です

ビッグ ナナフシ
わぁい!6Qを登ってゴキゲンな大ナナフシくん

このあたりから気温はじわじわ確実に上がり
日陰以外はさながらフライパンの上に。。。あじぃ


しかし、岩の熱さにも負けず、魔女さんは安定した登りで4Qもあっさりクリアです

MJ&KIE
安定感があり、余裕を持った登り
やっぱり巧い。。。

アプローチシューズはなかなか優秀でデラシネの全課題特に問題なく登ることができました
(そのうちレビュー予定)

デラシネを堪能したあとは影の位置的に右岸のボルダーがいいだろうということで
一同マミ岩を目指します。

しかし、途中で溶けたソフトクリームを見たら初段トラバース側は日陰になっているし
人が全くいない!(まぁ、ここの3Qはヌメると怖いマントルとか多いからな・・・)
せっかくだし面白い課題もあるからちょっと触っていこうと寄り道。。。(これが結果一番長くいた)

7Qや5Qで遊んでもらっている間に私はザブンと渓流に肩まで浸かり帰ってきたら

大ナナフシくんはお昼に持ってきたカレーパンで腹を下し
魔女さんは木陰で爆睡とまったり過ごしていました(約一名は苦しむ)

小休止後それぞれクライミングを再開すると
彼女と大ナナフシくんは7Qのスメアでハマり
魔女さんは5Qのマントル返しでハマってました。

また、途中から普段は錦糸町の帝うぉーるで登っているという外岩初めてのお兄さんも
加わり5Qでセッションが始まりました

その横で私は3Qでハマり、渓流飛び込むコンボを発動させ(一応その後完登)

溶けたアイスを堪能したところで彼女がここで友人の結婚パーティのためお別れ

残りの三人でマミ岩へ向かいます。
途中対岸から全く忍者岩あたりに人がいないことを確認し、テクテク向かいます

歩いているときに魔女さんのお許しがでて忍者返しを少し触っても良いとのことなので
最近登ってねぇなということで、糞暑い中触ることに

NINJA
写真は冬に行った時のもの

せめて一手目で落ちるなんて恥ずかしい目は嫌だわ、なんて思いながらスタートすると
一手目からベストポイントより少しずれる。。。

ガボーン

まぁ、気にせずさっさと進めて落るかーと体を動かすと
核心も特に問題なくあっさりクリア
カチからのクラックへの右手飛ばしも人差しと中指を上手くクロスさせたジャムが決まる

左手を一応カチにあげて、足決めてジャムした指の心地良い痛みにたえて左手をクラック上のガバに

あらあら、登れちまいましたよ。
最近の節制が効いたのかな?

一応面目躍如ということでマミ岩へ
6Q、4Q、3Qとトライしてもらい、4Qでどハマリ全く登れまシェン

みんなでもう無理だーってまで登って、日は傾いていましたが
気温は高かったので、川へダーイブ

バシャバシャ服のまま入って
帰ってきました


帰りは私イチオシの西武立川駅から徒歩15分程の
「喜奴屋」の塩つけ麺を皆でいただいて解散です!うまうま

なかなか楽しめた一日でした
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 艱難辛苦を与えよ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。